2021年01月24日

【将棋・女流名人戦】里見4冠 VS 加藤女流3段 終盤、激熱!! 熱戦の結末は??

将棋の記事です

今日は、女流名人戦の第2局と、王将戦第2局がありました

それぞれ、終盤最後まで、勝敗が判らない激戦だったのですが、
特に女流名人戦の最終盤の激戦は手に汗握るものでした^^

対局の模様が、出雲市の公式YOUTUBEで配信されていたので
先ほどまで、録画でおっかけ視聴していました


HPです


是非、里見さん、加藤さんのファン以外でも、女流の将棋をあまり見ない方も
一見の価値ありの名勝負なのでみていただけたら、勉強になると思います^^

ちなみに、みてからのウォーズ、10分切れは、
私は4連勝と、いい感じで感覚活かせています

私的には、活かすポイントは、自分が基本攻め攻めなので、
攻防のバランスとり、推し引きをしっかりする意識付けというとこですかね。
要は無理攻めしないという、当たり前のことです。。

解説のB1組で、永瀬王座より上位で首位を走る山崎8段も感嘆するような棋譜ですので。

結果は、とりあえず見てのお楽しみにして、ここでは触れませんね



Asset management shines your life!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

posted by とむ at 22:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

【将棋】藤井2冠・豊島竜王に初勝利!&里美女流名人・加藤女流三段に先勝!

年明け初の、将棋記事です^^ノ

現在、将棋界は棋士戦は、朝日杯の決勝トーナメントが昨日から、

女流棋士戦は、女流名人戦が本日から始まりました

まず、朝日杯から

決勝トーナメントは、タイトルホルダー4名が同じ山に入ることになり
決勝に行くまでに、つぶしあう組み合わせとなりました

昨日は、渡辺名人、永瀬王座のお二人が登場し、初戦を勝ちあがって
直接対決しまして、渡辺名人が勝っています

そして、本日は、豊島竜王、藤井2冠の登場となり、
それぞれ1回戦を勝ち上がっての、通算7度目の公式戦対局

ここまでは、豊島竜王の6戦6勝という、結果でした
ここ数戦は、接戦も多く、勝負の綾という感じでの結果ではありますが
普通の感覚だと、なんか気持ち悪い感じがしますが、藤井2冠は、あまりきにしていないようですww

さて、今日の対決は、結果 藤井2冠の勝利となりました!
豊島竜王に初勝利となり、今年も大きいところでしっかりと結果を出していきそうな気配です

棋譜はというと、朝日新聞のHPでライブで見ていましたが、
ものすごい終盤の展開で、解説の森内九段、杉本8段も、展開が全く読めないという感じの
進行となり、最後の最後まで、どちらが勝つかはっきりしないという感じでした。

解説者が話し合いながら検討している内容を、豊島、藤井の両名は1分将棋で
ギリギリのところを戦っている感じで、まさに達人同士のつばぜり合いで
みていて、かなりの緊張感でした

終盤力最強の藤井2冠が、指しこなすのと同レベルで豊島竜王もさすがの指し手で応戦、
JT杯でも同じような流れだったので、やや有利っぽかった藤井2冠が今回もやられる可能性も
また会った感じでもあったので、心配していましたが(藤井ファンですw)
なんとか勝利をあげてくれました!

対局後、大盤解説で豊島、藤井両名の話がありましたが、
印象に残ったのが、豊島竜王が、終盤の1手1手で、ここはどうしたらよかったのでしょうか?
と森内9段、杉本8段に質問していたところです

前にも何かの対局後に、自分の指し手の指し方を解説の先生に聞いていたのですが
その聞く感じが、もう棋譜のことだけ100%というか、いい意味で周りの雰囲気や
バランスなど関係なく、その指し手だけがどうしたらいいかをその場で、知りたいというような
全集中の問いなので、この漢字は、4強の他の3名また違った将棋道の達人の極みをみているような
感じを持ちました。
それ以外、その場では見えていないような勢いがあります。

そして、別ブロックの1,2回戦が近々あり、その後、
渡辺VS藤井2冠の 久々の対局が待ち構えています
渡辺さんも名人となって以降も好調なようなので、とても楽しみですね!

そして、女流名人戦もYOU TUBEで生中継していましたので
並行して観戦していました^^

現在私の応援している棋士は、
藤井2冠、里美女流4冠のお二人が筆頭格です

なので、最近、里見さんは、西山さんとのタイトル戦で
優勢局面が多い中、終盤勿体ない将棋(結果論ですが)で落としているのが続いていたので、
調子はイマイチなのかなというきもしていましたが
本日は、完勝でした

棋譜も、途中の飛車の突撃からの、捌きがとても秀逸で
解説の佐藤会長、屋敷9段も関心していいましたね

僕も中飛車党なので、参考になりました^^

ということで、応援している両名が無事に強敵を破ったので
おいしい酒(桃のチューハイw)飲みながら、ウォーズを片手間に
やっています^^

仕事も、会社の決算が12月で、それを裁く業務なので
今月は忙しいのですが、やんなければならないことなので
しっかりこなして、心身ともにスッキリしたいところですw

ついでに、運用は、1月は中旬がピークで、月末に向けて
下げていくという想定だったので、再来週あたりにシナリオ通りなら
NISAでいくつか銘柄購入予定です

手持ち株は、微下げで、購入希望株は大きく下げてくれたら
嬉しいのですが、そうは問屋が卸さないですし
むしろその逆も多くあるので、下げたら下げたでモヤっとするところでは
ありますが、しっかりNISA枠を埋めていきたいと思います

今年分は、年初に
MUFG,ENEOSの2銘柄を購入しているので、
別のものを狙っております
また、買ったら報告したいとおもいます



Asset management shines your life!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by とむ at 23:28 | 東京 ☁ | Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月14日

【将棋ウォーズ】3区分・初段になってから棋力は向上しているか??

将棋連盟公認のアプリ

≪ 将棋ウォーズ ≫

では、オンライン対局にあわせ、3つの区分で指すことができます

@持ち時間・10分切れ
A持ち時間・3分切れ
B1手・10秒切れ

です

私は、10切れ、3切れについては、ウォーズはじめてそうそうに初段になれましたが、
10秒切れについては何度対局繰り返しても、どうにも初段になれず、ついこの前まで1級のままでしたw

理由としては、・考え込む局面でふと長考モードが発動しての時間切れということがかなりあったと思いますww
10秒は、一瞬でも迷うともう時間切れとなります・・^^;

それもこれも、棋力自体が足りてなかったからだと、今はわかりますが。。


藤井2冠の活躍に触発され、コロナの中、プロの対局をよく見て、ケーススタディしながら
また、YOUTUBEなどで、戦法や対応方法を学んで、10秒指しにも慣れて、
ようやく8月末に10秒切れも初段を取ることができました!

やっと胸を張って

 棋力は≪初段≫です!

 をいうことができるかなと思っております

※連盟公認アプリなので、申請さえすれば、免状ももらえますが4万とかするので躊躇しておりますww
段位上がったら考えたいですが、金額も上がるんですよね。。。


さて、その後、棋力をUPさせ。3段を目指す!

といったのですが、最近の棋力はどうなのか?というところで、ウォーズの10月の戦績を見てみました。


10月、直近30戦の結果は以下でした基本、棋力UP目的なので、10分切れで指しています
(時間ない時に合間に3分切れもたまに)


◆10分切れ (相手:やや強め設定)


対3段以上・・0勝1敗

対2段・・6勝5敗

対初段・・7勝5敗

対1級・・1勝3敗

対3級以下・・0勝2敗

トータル 14勝16敗

となりました


3分切れも初段は3勝3敗でした

この結果をみると、格上の2段、と同レベルの初段に勝ち越ししているので中々いい感じです
実際の感覚でも、初段相手でも、コロナ前は勝率3割程度だった感じなので強くはなっていると思います!

具体的には、・ミスが減った・無理突込みが減った・詰め方が多少上達した

といったところだと感じています

プロの対局を多く見て、打ち方理解をすることで、対処方法の引き出しも増え、
また、詰め方や、局面を少しずつ優勢にもっていくといった細かいところを、
無理なくやるようになったのが一因だと思っています。

僕の得意戦法は大人になってからは、英春流ではありませんが、そんな感じの結構奇抜なものなので
(特徴あるうち方なので、ばれそうなのでいいませんがw)嵌め勝ちが結構あるので
(20手で有段者に勝つこともままありますw)、ついそれに酔って、きちんとした将棋が打てていないことも、以前は結構ありました。

ただ、ここ最近はうまく返されることも増えてきたのでどこぞの界隈でもしかしたら、
簡単に対応できることがばれてしまってきているかもしれません。。

なので、無理せず、序盤でしっかり対応されそうになったら、オーソドックスに切り替えてしっかりやるようになり、
勝率も安定してきた感もあります

小学生の時は、元々谷川9段のファンだったので、居飛車矢倉でずっと指していましたし、
今は振り飛車の一種のような打ち方なので、基本戦術にこだわりはなく、局面にあわせ、
オールマイティには打てる気はしています。(得意戦法が無いとも言いますが・・ww)


今後、3段を目指すに当たっては、もう少し本格派の打ち方をしてもいいかなとは思っていますが、つい、嵌め手の爽快感に負けて、打ち続けているので、どうしようかなというところです。。

とりあえず。振り飛車、居飛車、半々で指してみて得意になりそうなパターンを3つくらい作ってみようかと思っています!


にしましても、竜王戦 第1局の57手終了には驚きましたww手数は短いながらも、お互いの読みあいが炸裂した名勝負でしたね!

posted by とむ at 12:50 | 東京 ☁ | Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク