2020年07月25日

頭の悪い対照実験(例:ニャーというと体が柔らかくなるとか)

いま、テレビで「ニャーといいながら」立位体前屈をすると、記録が伸びる(柔らかくなる)という
実験をしていました。

まず、何も言わず体前屈すると-15Cm

その後、ニャーといってやると -6cm と

伸びて、柔らかくなっている!
効果あったじゃん!

という内容です。

おかしいと思いませんか??
思わなかった方は、原因と結果について可能性のパターンを少し自分でも考えましょう。

※私の結論は、最後に書きます

一昔前、「あるある大事典」というフジテレビで人気番組がありました

僕もたまに見ていましたが、実験の方法や結果について、いつもやり方おかしいな、
信用性ないなとずっとおもっていました

結果、数年後以下となりました

『発掘! あるある大事典II』でねつ造 関西テレビ,番組を打ち切り


別途、健康についての番組など、今でも多いです。

色々な説があったり、ダイエットでも昨今流行っては廃れていくというものも数多くあります

投資もそうですが、最終的には自分の頭で判断しないとだまされることがあるということですね

まあ、だまされた方が、結果が良い場合もありますがww

冒頭の、「ニャーというと体が柔らかくなる」についての、私の反論としては

体前屈は、数回は、やるたびに結果よくなるんでないの??
ということで、

はじめに「ニャー」といいながら、やってみて
その後、何も言わずでの結果を比較して、初めて対照実験とはり効果が
判りますよね

初めの実験だけでは、ニャーに効果があるのか、2回目やったことで記録が伸びたかが全く不明です。
ニャーの効果があったのかどうか。

皆さんもやってみてください。
ほぼ間違いなく、何も言わないでやった2回目のほうが記録いいはずですので。

また、何も言わず、2回やったり、2回ニャーとやったり、
ニャー以外だったりと、色々やって、初めて実験というと思いますが。

だって、一回やれば、体の腱?筋?が伸びで、二回目楽になりますよね、
当たり前じゃんと。。

何度も同じような放送みても、僕のような主張を見かけたことが無く、
いい加減ちょっと言っておきたくなったので。


Asset management shines your life!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

posted by とむ at 16:35 | 東京 ☔ | Comment(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

【 100年に1度の危機は10年に1度来る! 】byサマーズ

さまぁ〜ず 三村、大竹の言葉ではございませんww

リーマンショックのときに ラリー・サマーズ元財務長官が、言ったそうです

東洋経済の小幡さんの記事より引用



これを引用したのは、経済の事よりもこの記事の1ページ途中からの3ページあたままでの
新型コロナのとらえ方について、僕と同様だったので。

また、スウェーデンの近況も、別記事にありました
現代ビジネス(ヤフー記事)より

私の新型コロナへのスタンスは当初からなんら変更はありません。

ただし、私のスタンスが正しいといえるわけでもなく、それぞれの考え方の中、
周りに心配している人が多いという中では、その人たちに合わせてあげることが
世のためと思って、マスクもしてしっかり外出ほぼせず自粛しております
※まあ、これはコロナ始まる前からほとんど、生活パターン変わってないのですがね・・w

国主導のもと、今週から、経済活動を順次始めたのはいよいよ経済的に危機が大きくなっているからなのもあると思います。
私としては、ある程度の傾向と対策がわかって、ひと段落した今、今後は、新型コロナとの共生の社会を進めていく必要性を
感じていますので、上記のスウェーデンの記事を紹介しています

まだまだ、心配になる人が多いこともわかりますが、アメリカの暴動などは、新型コロナでの経済格差、ストレスが一気に噴出してのことでもある気がします。
また、新型コロナで、経済だけでなく、例えば、通常の疾患の手術なども延期されたり、犯罪リスク増大など含め、他の事でリスクが増大している人がたくさんいます。

各国の政権には、新型コロナのリスク、経済封鎖での社会的リスクを踏まえ、政治的にしっかり判断して国の舵をしっかりきってほしいですね。
信念をもって、全体最適の方針を前提に、個別への最適フォローをしていくという強い意志と行動、指針を!


Asset management shines your life!
posted by とむ at 22:58 | 東京 ☁ | Comment(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

新型コロナは、年齢で罹るわけではない!本質はコレです(多分)

新型コロナが、猛威を振るっています

2月あたりでは、高齢者がほぼ患者となる、犠牲者は高齢者がほとんどであると言うことでした

ただ、ここにきて、若者もかかる、子供もかかる と少しニュースが騒いでいます

私の見解は、「そんなもん、当たり前でしょ、年齢限定して感染するウイルスなんであるわけない」ということで、全くニュースは相変わらず○○だなと、辟易しております。


本質考えれば、簡単なものです

結果として、高齢者、持病もちの患者の死者が多いというのは

「免疫力が弱い」

という一つの理由に尽きます

3/6にも、リンクしましたが日経GOODAYより



こちらの記事の2ページ目に、年齢別の簡単な免疫力のグラフがあります

色々、情報詰まっていますので基礎知識として、理解しておいてほしいですよねこれを国民に配布すれば、いいと思います。

老人、赤子が弱く、持病あれば低くなるのは自明だし、新型コロナの罹患リスクも、インフルエンザ、風邪と、他のウイルス性疾患と同様だと思います


海外で若者の患者数も多くなっていると言いますが、単に疲れ、寝不足、不摂生、悪環境など、なんらか免疫が下がる状況の人だと思います(勿論、元気溌剌でも、ウイルスに囲まれたら、かかるリスクは増大)

ただ、このウイルスが、肺への影響が強いため、治療法(というか対処法)の人工呼吸器や、施設が足らない事で、犠牲者が増えているのも事実です


一般市民は、引き続き掛からないような、予防、行動を心げければいいと思います家に閉じこもらなくても、ひとりで散歩、子供とキャッチボールなど、他人と接触がないものなら普通に外でやっていいと思いますが、啓蒙されない市民に白い目で見られるのは致し方ありませんね。民主主義の世の中、多数決と声の大きさですから。。


ひとつ、豆知識として、免疫力が高まる方法として睡眠量が影響するようです

睡眠を8時間以上とることが、7時間未満の人より数倍、風邪(ラノウイルス)に掛かりづらくなるというアメリカの大学の実験結果ありましたよ

興味あれば検索してください、すぐ出ます

免疫を高め、ウイルスとの接触リスクを減らす。対策は、それだけです。

僕は、とりあえず7時間は取るようにしておきます!(今日はブリーチ読みすぎて睡眠5時間です。免疫ちょっと低そうなので、気をつけますw)
posted by とむ at 13:27 | 東京 ☁ | Comment(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク