2020年03月06日

後場寄りで、NISAにて1銘柄購入

今日は、様子見でじっとと思ってましたが、みたら安つ!と思い(まだ下がるかもしれませんが)、のこりのNISA枠で、三菱UFJ買いました

配当が5パー超えていてPBRも0.4を割り込んています。
また子会社のモルスタはじめアメリカの売上もそこそこあり、リースなとも好調など多角化がしっかりしていて、減配無さそうなのがよいですね。多分。。

あとNISA枠は6万。
ドル転して、なんか仕込んで今年のニーサは来週までには終わりそうです。

あとは、配当もらいながら、毎月の積立額にて、回していきます。
半年後には回復してるとシナリオ組んでます

当たるかわかりませんよw
posted by とむ at 13:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | NISA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

2/24〜3/3にNISAで買い付けた銘柄一覧!

2/24から、株価は大幅調整して保有資産も大ダメージを受けておりますが、
一方で、長期投資家の私としては(2/29の記事にある暴落時の対処の1つの方法w)、
NISAで高配当株を買ういいタイミングだということで、男塾の「J」張りの
フラッシュピストンマッハパンチ!なみに買いを繰り出しておりますw

このコロナショックでのNISA買い付けは、すべて米国株になっています
以下、銘柄と買い付け単価です

2/26 
ARCC 18.50
RDS B  47.27

2/27 
ARCC 18.07

2/28 
VIG  118.87
SPYD 34.86

3/2 
ARCC 17.03、16.885
RDS B  43.23
SPYD 33.83、33.76
MAIN 36.58

3/3 
RDS B 43.88
SPYD 34.210、34.075
IBM 129.17


同じような銘柄ばかりですねww

基本NISAでは高配当前提で銘柄選定しています
なので、5%以上の配当のものから選んでいます

これだけ仕込んだので、今年のNISA枠の残りがあと13万円となりました

現金多いなと思ったそこの貴方、私はそんなにお金ありませんw
107万の買い付けのうち
@去年にNISAで買いたかった銘柄を特定で買っていた銘柄を
NISAに移動させた(特定で売って、NSIAで買いなおし)
これが50万

A特定口座分を売って、NISAで銘柄入れ替えて購入
これが28万

B純粋にNISAで買い付けが、29万

といった感じです

今日も午前10時にドル転を107.25でしたので、それで
SPYD,IBM,T,VZのどれか買おうと思っております

今年のNISAは、この下落で使い切っちゃいおうと思います!

あとは、日本株(信用込み)とSOXLのスイングでキャピタル狙っていきます^^

Asset management shines your life!







にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
posted by とむ at 22:37 | 東京 ☁ | Comment(0) | NISA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

NISAで、香港株<上海医薬集団>を買いました!

本日は、NISAで香港株を初めて買いました!

上海医薬集団<シャンハイ・ファーマスーティカルズ>という銘柄です。
NISAでかうのは初めてですが、去年の11月に初めて買った香港株となります。

楽天証券での事業概要を以下に。

シャンハイ・ファーマシューティカルズ・ホールディング(上海医薬集団股分有限公司)は
主に医薬品の製造・販売に従事する会社である。
【事業内容】同社は主に、漢方薬、化学薬品、生物学的製剤、原薬及び他のヘルスケア製品を提供する医薬品研究・開発・製造事業、流通、物流、倉庫及び他の医薬品サプライチェーンの付加価値ソリューションと関連サービスを提供する医薬品流通とサプライチェーン・ソリューション事業、並びに正規薬局チェーンの運営・管理を含む医薬品小売事業を通じて運営する。同社は総計約1700薬局を有する。同社は中国東部を主な市場として、国内外の市場で製品を販売する。

です

売上高は2兆円を超えています。業績は、確認できる範囲の5期は連続で増収増益で、PERで10倍ほど、PBRも1倍くらいと割安感があります
また配当も3%で(2014年の0.29人民元が2020年予想は0.57人民元と6年で配当が2倍の予想です)、増配継続中だったので、思い切ってNISAで買い増ししてみました。
配当性向も、30%程度と余力も十分です。


数年前から、ジェネリック薬品を推進している中国の制度にも合致して、高齢化含め、医薬の総合企業としての価値は、
会社HPにあるように、中国では3本の指に入る企業のようです。

日本株や、米国株のように情報が限られていますが、去年にある証券会社の推奨銘柄になった時にいい内容かなと思っていて、まず試しに買ってみて、3か月ほどホールドしていましたが、チャートの動きも悪くなさそうなので買い増しした次第です

医薬品企業は、米国株で、ファイザー、アムジェン、ABBVあたりを購入していこうと思っていましたが、中々株価が下がらないので、香港株にて、医薬品セクターを確保することに、結果なりましたww

3か月前の初めの買値13.98香港ドルからは、10%ほど上昇していて、今日の買い付け分も15.3香港ドルだったので+0.86%でよいスタートきれました。

今回の新型コロナで、小売り事業の売り上げの縮小は懸念してましたが、そんなのは香港でも織り込んでるでしょうと楽観的に買ってみました
数年前より事業も安定して、規模も大きくなっているのでその時の高値が28香港ドルと2倍の株価でしたので、それを数年で更新していって、増配も続けてくれたらいいなと思っております。

あとは、米国株でCUREを買えば、医薬品セクターはOKですね、フフフ・・・。


Asset management shines your life!







/
posted by とむ at 21:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | NISA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク