2020年07月27日

【ドル円の相場観・独自】これから1ドル何円くらいなのか?

始めに断っておきますが、私の独断偏見での見解ですので参考にするしないは、各自判断してくださいねw

現在 1ドル105.6円くらいとなっています

数か月前から、私は


105〜108円 というレンジをそうていしていました


まだ想定内ですが、では今後はどうなるのか??

ということで、とむ関数(雰囲気ともいうw)、による試算によると

なむ〜・・・・


◆7/27〜8/31あたりまで

103〜107円


というレンジとしたいと思います

1か月前より、やや円高が進むと感じています

なので、自分の売買としては、104円台前半になったらドル転(ドル買い)をしていこうかなと。

逆に、円転(円買い=ドル売り)するなら108円乗った時だけですかね

あくまでも、短期の為替予想なので、数年後以降いずれはドル買いが進んで110円はまた、超えると思っているので、長期資産形成のスタンスの方は、特に、何もしなくてもいいとは思っています

わたしも、スイング売買でのひとつのファクターとして、扱っているだけなので。
posted by とむ at 12:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | マーケット状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

★トランプがまたこんなこと言ってるようで。。

以下より引用
https://zai.diamond.jp/list/fxnews/detail?id=330889&utm_source=zaifxrss&utm_medium=rss&utm_term=zaifxnews&utm_campaign=zaifxrss

ドル円 108.85円まで弱含み、米大統領が選挙後まで中国との取引合意延期を示唆
 ドル円はトランプ米大統領が「中国との取引合意は2020年11月の選挙が終わるまで待ったほうが良いかもしれない」と発言したことで、108.85円まで弱含んでいる。
 ユーロ円も120.64円まで下値を広げている。

ビザ仕込みたいと思ってるので、どこでいくかですが。。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
posted by とむ at 22:30 | Comment(0) | マーケット状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

★ゴルディロックス(カブキロックスではありません!)相場とは??

ゴルティロックスと聞いて、
@知ってるよ、そんなもの→運用好き、ベテラン投資家
A聞いたことあるけど、なんだっけ??→運用ベテラン〜ビギナー、若しくは相場状況に気にしなくていい積立インデックス投資家さん
B聞いたことないですけど、新債券王のガンドラックの親戚??→ガンドラック知ってたら、むしろ運用マニアw
C「お・江・戸!お江戸が二人を抱いたまま〜
O・E・DO! お江戸が空を飛ぶ〜」のカブキロックスを思い出した方→団塊Jr以上の世代の方で
三宅裕司、相原勇、田中一郎、PANTAをイメージ出来たら僕と近い年齢です!

さて、ゴルディロックス。ごっつい響きなのですが、元ネタは、外国の童話の少女の名前ということです
外国少女の名前というと、メアリーとか、ナンシーというイメージですが(中学教科書のサンシャインの影響??)
濁点が多いと、ドイツ!ジャーマン!ジャーマンスープレックス!ベッケンバウアー!!!みたいな堅牢なイメージもちますw
(でもイギリスなんですね)

以下、大和証券HPより
https://www.daiwa.jp/glossary/YST2229.html
過熱しすぎでなく、かといって閑散でもない適度な相場のこと。
「適温相場」ともいいます。英国の有名な童話「3匹のくま」に出てくる「熱くもなく冷たくもないスープ」を例えたもので、主人公の少女の名前「Goldilocks」に由来しています。経済が、過熱せず冷めすぎてもいない状況を指して「ゴルディロックス経済」ともいいます。こうした状態のとき、景気の緩やかな回復と金余りへの期待が相まって、資金が安全資産からリスク資産へ流入(リスクオン)し、相場を押し上げるとされています。

現状が、ゴルディロックス相場かどうかは見方によりますが、米中貿易懸念がある程度払拭された場合、市場の金利と、経済成長の見通しとのバランスを取りながら、もう少しゴルディロックス相場が続きつつも、株価はもむ展開が予想されますね。一年前の下落時も、半年前の状況でも、先が読みづらくポジション難しいと思っていましたが、今後もなかなか難しい。結局、有頂天になるバブル直前と、有頂天に来た時以外は、なんらかの不安は常にあるということですかね。ということは、その不安がなくなりつつある時は、リスク資産のポジションを縮小していくタイミングになるのかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

posted by とむ at 13:50 | Comment(0) | マーケット状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク