2020年01月05日

★2019 とむファンド 個別騰落寄与度・ベスト5!

明日から、日本市場もOPENしますが、
昨年の上昇・下落の個別要因についてまとめました
※年間の上昇額を100%とした場合の相対割合です

上昇寄与度ベスト5

1、コロプラ・・10%
これはドラクエウォークのリリースについてのイベントスイングによるものですね。
正直、利確がいつも早くて悔しい感じのほうが多かったのですが結果としてはそれなりに稼いでいました
しかし、反省のほうが多い売買でした

2、インヴィンシブル投資法人・・9.83%
これはNISAで保有しているガチホ銘柄です。これに配当が加算されるので実際は1位ですかね。
REITの堅調相場に支えられました。今後はキャピタルは期待できないので安定したインカムに期待して保有予定です

3、ラサールロジポート・・9.2%
これもNISAでガチホ予定だったのですが、REITのあまりの堅調さについ、利確してしまい後悔している銘柄ですね、
一時は売値より10%以上上げて、しまったというところでしたが最近軟調で、売値付近に戻ってきました
再度買うかは、手持ちの物流リートにソシラ加えているので、兼ね合い次第ですね

4、バンクオブイノベーション・・9.1%
去年の上期でスイングしていたゲーセク銘柄です
これもコロプラ同様、利確早すぎたために利益取りこぼし大です。今年後半から投資スタンスに骨組みできて握力はたかまりつつあるので
今年はコロプラやこのようなスイング銘柄はもう少ししっかり利益稼ぎたいところです

5、SUMCO・・7.3%
今期から大型株のテーマに乗ってスイング始めましたが、うまくいった銘柄の1つですね。
※もう一つはインターアクション
半導体のど真ん中銘柄ですが、イマイチ回復が波に乗り切れなさそうなので暫く様子見します

下落寄与度ベスト3

こちらは面倒なのと大きなものが少ないので3つ紹介です

1、GME・・-3.9%
ゲームストップです、株価はストップせずおよそ▲65%ほどの下落となりましたw
ちょっとしか買ってませんでしたが、1位でしたね
配当目当てでした。配当が10%を超える銘柄はやめますw(といいつつZMLPはホールド中)

2、SHAKE・・-3.3%
シェイクシャックです。これは決算暴落でした。割高是正に巻き込まれでー30%程度で一旦損切りして、再度INしています。
ただ、イマイチ適正水準と、今後の伸長のイメージがあいまいです。売ってしまうか思案中。
※大して持ってませんw

3、日産・・-3.3%
レバノン銘柄です。配当目当てで買って、ゴーン問題で暴落後、即損切り。
今後上昇のうわさもありますが、あてにならないのでもう触ることはないと思います

以上になります

時間あれば、日本株、アメリカ株とそれぞれのアセットの寄与度を出したいのですが
明日からは色々忙しそうなので、たぶん無理でしょう。。

結局、日本株だけで+30%は、いってそうなので今年は得意なところで稼ごうかと思います
アメリカ株は、高配当中心にバイ&ホールド銘柄に徹します。

では、大発会から頑張っていきましょう。
大納会に仕込んだ、リスクヘッジ用の 1552国際VIX、
明日、きちんと作用するかが心配です。
株と一緒に明日下げたりして。。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
posted by とむ at 23:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

★今年のとむファンド、騰落率が確定しました!

今年のパフォーマンスがでました。

2019年 とむファンド 騰落率 +22.3%

でした(修正ディーツ法による)

とむファンドの運用方針は、
「株式インデックス並みの上昇率と、分散投資並みのリスクの低さ」
という相反する、運用の理想のPFを目指しています

とむふぁんどの、アセットクラスは、
日本株、米国株(先進国)、新興国株、先進国債券、新興国債券、日本REIT、海外RIETと
およそ7資産に分散されています。

なので、ひとつのベンチマークとして、emaxis slim8資産分散ファンドを意識していました
その、8資産分散ファンドの年騰落率は、16.09% でした

結果、とりあえず、ベンチマークを6%もアウトパフォームできたので、結構頑張ったほうでないかと
自分をほめてあげたい一年でした(基本、すぐ自分を褒めるタイプです^^)

あとは、どれだけ各株式指数のパフォーマンスに近づけることができるかが課題です
※一般的な下げに対する耐性は、下落時の推移見るとそれなりにありそうなので。
でも大暴落時はわかりません。

そのあたりの比較としては、
日経225・・+21.8%
S&P500・・29.3%
新興国・・17.07%
世界分散株式・・25.75%

といったところですね

もう一つ、今年から、安定配当による定期収入のUPというものも意識しています

なんだそれ? インカム上げたいわ、キャピタル狙いうわ、リスク下げたいわと、
何言ってんだよ、そんなことできたら、インデックス投資がこれだけ支持されないし、アクティブファンドだって
そんなことできたら、初めからやってんだよ、この欲張りおっさんめ! と運用に明るい人ほど呆れるかもしれませんが
私なりに、その投資の理想を目指して、色々いじってマーケットに参加することが、一番の楽しみなんですよね。

今年、大人気となった私も持っている、3倍3分法ファンドなどは、新しいレバレッジファンドの可能性を示してくれました。
開発した日興アセットの部長も、構想から稼働まで15年とかかかったと言っていました。
プロが商品として実際に売り出すには、法律だったり、金融庁だったり、社内外の説得のための説明義務や裏付けなど、膨大な業務が発生すると思いますが、こと個人で自分の資産を販売されている商品の組み合わせで、いじくる分には、なんの制約もありません。
暗号資産組み込んでもいいくらいです(まあ、私はいまのところ組み入れしておりませんが)
なので、先月実験開始した<とむ3倍3種・T33>の運用はじめ、今後も色々試しながら資産の構築をしていこうと思います^^

ちなみに、とむファンドの騰落率を
市販のファンド的にいうと、
・1年騰落率・・ +18.2%
・配当率・・ +4.1%
※配当込み・・ +22.3%

これにシャープレシオや、3か月、6か月のパフォーマンスが明示されたら市販のファンドと比較できますが
手間かかるので、今後気が向いたら^^

もし、ノーロードでこんな投資信託あったら、皆さんは投資したくなりますか??
みなさんが投資したくなるようなファンドになれば成功なのかなと思っています^^

次回、今年のキャピタルゲインの寄与率のベスト、ワースト10のようなものを記録しようかと。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
posted by とむ at 17:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

★我が<とむファンド>とダウ、日経、8資産バランスの比較など

と言う事で、前回に引き続き今年のパフォーマンスということで、
四半期(年初〜11/27まで)ごとに、とむファンド、日経225、ダウ、emaxis8資産の4つを
比較してみました


@日経
1-3月  +8.4%
4-6月  +0.3% 上期+8.7%
7-9月  +2.5%
10-11月 +8.6% 下期+11.1%

Aダウ
1-3月  +11.1%
4-6月  +2.9% 上期+14%
7-9月  +1.4%
10-11月 +5.2% 下期+6.6%

Bemaxis8資産
1-3月  +10.2%
4-6月  +0.2% 上期+10.4%
7-9月  +2.7%
10-11月 +3.2% 下期+5.9%

Cとむファンド
1-3月  +8.7%
4-6月  -2.7% 上期+6%
7-9月  +6.6%
10-11月 +6.6% 下期+13.2%

となっています

ダウ、8資産は 上期の上げが大きく、日経、とむFは下期の伸びが良かったと
はっきり分かれました
とむFは、下期は日本株中心に売買していたのでその効果かと思います。
上期については、高配当PFの作成中なのと、今見返すと、売買する銘柄も限られていて
あまりうまかった感じはありませんでしたね。。

まあ、今期の上げ自体は、しっかりロングしていれば、どのPFでも去年末の下落の戻しを享受できていたものですので
それができていたかで、今年のパフォーマンスは決まった感じですね。

さて、とむファンドの現在、11月末時点のアセットアロケーションですが
(きちんと確認したのは半年ぶり?)

日本株 29.8% <株>55.8%
先株 18.0%
新株 8.1%
ーーーーーーーーーーーーー
日債 2.0% <債券>16.5%
先債 8.4%
新債 6.1%
ーーーーーーーーーーーーー
日R 7.0% <その他>8.6%
外R 1.6%
ーーーーーーーーーーーーー
CASH 19.0%<CASH>19.0%
ーーーーーーーーーーーーー
計  100.0%     100.0%
となっています(日本株の信用買い&3倍3分法の先物アセットも込)

日本株の信用については、回転含め取引が楽なため利用しています
(余分CASHと同額程度のため現状はレバ1倍です)
勿論、貸株料などかかりますが、正直な所、キャピタル狙いの1ヵ月程度の保有であれば
売買手数料含め、機動的に取引しやすさ優先してのほうが、パフォーマンスがいい気がします。
※朗報で、松井証券、カブドットコムで信用の売買手数料が無料となるようですね
楽天も追従するでしょうから、そうなればより信用のメリットでますね

全体のポートフォリオの印象としては、株70%、債券20% その他10%くらいかと思って運用していましたw
理由は、日本個別株のスイング(一部信用)しているので、結構リスク取りながら
やっている感もあり、7割は株かなと思ってましたがあまりありませんでしたね。
また、債券も3倍3分法を先月から一気に購入始めましたが、まだそれほど債権の割合は増えてないですね。

私は、現時点ではPFの理想は、株:債:他=5:3:2 程度かなと思っているので
来期は、そのバランスを意識しながら全体を動かしたいと思っています

来月以降のスタンスは、日経は今月からすでに踊り場的になっているのがもう数か月続きつつ、
ダウは日経よりもやや強く上げていくのではと思っています
ただ、日経も年末年始は強いと思っているので、どこか下げるときがあればポジション増やし、
下げなければ、無理せずいまのままでいいかなと思ってます。

年末に追加する分と、来年NISAで買い付ける分のタイミングと銘柄選びをこれから決めていかねばと
思っています。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
posted by とむ at 22:57 | Comment(0) | ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク