2014年04月19日

★開始以来1年で読んだ投資関連の本です^^


今まで投資関連で読んだ本です
僕なりに<レベル><おススメ度>を★3段階(★★★が上)で
ランク付けし、寸評つきで記載させて頂きます^^
ちなみに<レベル>は、読者対象となる方の必要投資知識レベルなので
本の著者の方のものでございませんので誤解無きようw

基本、しっかりした大学でていて、金融のプロとしてやっていた方の
ものから選んで本を買ってます。
僕も某大学の数理系学部出身ですが、経済には全く無頓着だったもので
基礎知識もなく、しかも、細かいことは気にしないというか面倒くさがりなので
学術的すぎても避けてしまう傾向にありますし、そもそもハーバード、エール大などの
卒業生の4分の1が就職するような金融業界において(先日ノーベル経済学賞とったシラー教授も
ちょっと割合多すぎと憂いていましたw、っていうあんたもねってことですがね^^)、
中途半端な数理的理論を学んだところでプロの集団に勝てるとも思ってませんのでw
自分の強みは、情報を集積しての大まかの方向付けの正確性と決断力だと
思ってるので、それをある程度理論的に補完できるような本を選んでいるというイメージです

私の場合、全てブックオフで購入なので安かったですが
その分2007.8年に書かれたものが多いですw
古くても大して理論は変わりませんが、おすすめ商品やファンド環境は
当時とは随分変わってるので御留意を。

・・読んだ順・・
1、北村慶 おとなの投資入門
レベル★★ おススメ度★★★
分散投資、積立の有用性がしっかり書かれていて
とても為になります^^
ドルコスト、積立でやっていこうという方は一読するとしっかり
運用できるかと思います

2、田中彰一 なぜあなたは株投信で失敗するのか
レベル★★ おススメ度★★★

株、投信の全般の基礎知識を一通り教えてくれます
当初、まだ、損をあまりしてない時に読みましたw
塩漬けするより損切りしてもっといいパフォーマンスの商品に
移した方がいいと作者は謳ってます。
なので結構アクティブに投資する方向けですね

3、朝倉智也 投資信託選びでもっと知りたいこと
レベル★★ おススメ度★★
モーニングスター社長(元?)による投信中級者向けの
本とのこと。
投信は種類多いので、なにから選べばいいのか見当もつかないという方は
一読おススメです。

4、内藤忍 新版 資産設計塾
レベル★ おススメ度★★★
業界的にも有名な?方のようで初心者の方は
これから読むのがいい気がします^^
投資全般の教科書のような感じです。
ただ、これでも初めてで難しいと思う人もいると思うので
読めるレベルになるまではネットで基礎知識をつけるのが
先決かと。それか竹川美穂子さんというかたなどが書いている
投資信託入門的な本がまずはいいかと。
町の図書館にもあるでしょうから^^

5、澤上篤人 五年後の日本をいまかう長期投資
レベル★ おススメ度★★
投資についての哲学的な書です。
さわかみファンド自体の評価はひとそれぞれあるかと思いますが
この本と著者の考えには、うなずくところ、勉強になることも
多々あります。
僕はこの本読んで、その時勢にあった株、債券含めての回転売買の
有用性を漠然と意識して始めました

6、岡崎良介 相場ローテーションを読んでお金を増やそう
レベル★★★ おススメ度★
本当は、おススメ度は★★★としたいところですが
万人向けでないのであえて★にしてます^^;
回転売買とラチェットの重要性を膨大なデータとともに
理論的に説いています。
正直、回転売買は、投資環境、熱意、行動力、哲学、情報収集・再構築力など
色々必要なので労力考えたら、万人にはおススメできませんw
逆に、できるのであれば、僕はやってみる価値はあると思っています^^
私の師匠のたいのすけさん
(リンク貼ってあります;僕のガヤ的HPと違い、とても冷静で的確で簡潔なHPですのでおススメです!)
のような専門家の方や、僕みたいに第一の趣味が投信売買とかいう人以外はなかなかそこまで
できないでしょからw
それなら1の北村さん推奨しているような、ドルコストでのほったらかし運用が
大多数の方にはいいかと思います。
かく言う僕も、疲れてきたり忙しいときは、すぐドルコスターに戻りますしw

7、前田和彦 五年後にお金持ちになる資産運用
レベル★ おススメ★
先週買って読んだものです
僕が読みたかったような内容と随分違っていたのと
やっている運用にはあまりプラスになるものでなかったので。
ただ、分散投資の本来の意味は、著者の説くところが正解なのかと
思いましたが。日本破綻論者で、海外生活考えてる方はいいかもです

と、まあこんなとこです。
いまの僕の運用方法は経験積みながら、これら本読み、色々な方のブログで
勉強させていただきながら、自分の投資スタイルとして確立させてきたものです
(これからも変化していくかもしれませんがw)
皆さんも自分の環境や目標に合わせて、資質(というか性格ですかね、こればっかりはやってみて結果みながら自己認識していくしかないと思います。僕もまだまだ手探り中ですが^^;)
にあった投資方法を是非見つけてください^^

★よろしければ、ポチッとクリックお願いいたします^^★
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託 ブログランキングへa
posted by とむ at 13:19| Comment(0) | 運用方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

★ドルコスト平均法の弱点★と他ファンドとの比較

★よろしければ、ポチッとクリックお願いいたします^^★
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

プロの本やベテランブロガーの方々が散々解説しているものなので
僕レベルの人が改めて言うこともないのですが
僕のブログで初めてとかの方もいたりするかもしれないので一応簡単に。
<ベテランの人も見れるようにと、9月からの我がファンドと
ひふみ、さわかみ、日経平均との推移比較入れました^^>

投資するにあたりいくつか投資方法があります
・ファンダメンタルズ分析
・テクニカルチャート分析
・ドルコスト平均法
などなど
なにを軸に運用するかは人それぞれですが
(詳しい解説は、他にお任せして)
長期投資の王道、ドルコスト平均法について簡単に^^

ドルコスト平均法は、
<一定のタイミングで一定の金額を買い続ける>
ということだけです。
※投資始めようとしていてもドルコスト平均法知らない方は、
是非一度ググってみてください^^

投資信託を進める本のほとんどはこの方法を進めているはずです

相場は、上下します
ドルコストは下がっている時も淡々と買いつづけ
上がった時に利益がドンとくるものです。
リーマン前に買った人もずっとコツコツ買っていた人は
3年くらい塩漬けで重い雰囲気だったと思いますが
去年大幅プラスになっているでしょう

そんなドルコストも2つ、弱点がありますw
1、タイミングにより換金しづらいことです
(結局あがった局面で換金しないと利益にならない)
2、下げている期間中、修行僧のようにマイナスに耐えるw
です

余裕資金でやっていて、日々の現金に心配ない方は
1,2とも気にならないと思うのでベストな方法かと思います。

僕もとりあえずは余剰資金でやってるので1は気にならないのですが
それでも2がちょっといやだなとw
いくつか読んだ本に、ラチェットをかけるの重要性がありました
単純にいうと損切りですねw

結局、ドルコストにしろ、一括でドーンとかったものにしろ
相場低迷期には、大きな損を抱え、心に傷を負ったまま
じっと我慢的なところがあります。いつか上がるはずと。。
で、やっと上がって戻った、安心、さらに上昇して喜んだところで
また下落が来て、暫く修行僧に戻るみたいなw

相場同様、感情の起伏も一緒におきますよね
結果、何十年で資産が増えても下げ時のストレスで
体が悪くなってるかもしれませんw
というのは、言い過ぎですが要は楽しく参加し
増えれば儲けものくらいの感じで行った方が
いい部分もあるのではというのが自分の考えです。

勿論、心底はしっかり利益出してしっかり
資産増やすつもりですけども^^

ということで1つ、
実際に下げに強い!が売りの我が<とむファンド>と
著名な優良ファンドのひふみ、さわかみ、日経225との
成績比較してみましょう^^
比較は、僕が去年6,7月に大下げ(10%強下げ)して
改めて基本に返りつつ、しっかりコツコツ利益上げていこうと
仕切りなおした9月初旬からの比較です
(去年4月末開始時〜8月までの苦難の修業期間の話は追って^^)

キャプチャ・ファンド比較4・14.PNG

※ひ>ひふみぷらす、さ>さわかみファンド
225>日経225、T>とむファンド

1月あたまの上げ上げのときは、僕なりに上げてたと思ってましたが
日本株は上げ上げでちょっとおいてけぼりでした^^;
ただ、今年は横ばいと思って僕はやってたので日本株1月末には
ポジなくしていたので2月以降の成績はいい踏ん張りしてるかと^^
これも、下げるとわかっているところは一時クローズし、
上げそうなところへ移すか、キャッシュにして様子見するか
そんな方法でやったからかと思います。
勿論なかなか難しいことですが、日々の情報をおおまかにいれ
うまく処理し、扱っているファンドや国に慣れると、
それなりにローテーションできると思います。
で、今のところ、それなりにうまくいってるので
今年はゆったりマーケットに参加できてます^^
やっぱ備えあれば憂いなしですねw

★よろしければ、ポチッとクリックお願いいたします^^★
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

posted by とむ at 21:31| Comment(4) | 運用方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

<とむとむファンド:資産運用方針>

販売しているファンドのように運用方針作ってみました^^
欲をかき過ぎず、初心忘れるべからずで行きます!

名称「とむとむファンド」 <愛称:備えあれば憂いなし>
ファンド期間
開始日:2013年4月末(スタート資金4万円)
期間:無期限
予算:月2万円+余裕あったら増額

ファンドの目的
現預金をしっかり確保しつつ、それとは別に月々の小遣いレベルの金額を運用し、
20年後の資産確保と日々のマーケットとの戦いを楽しむ。
日本を含む世界各国株式・債券・リート・コモディティ等
ありとあらゆる投資信託へ、グローバルな視点で投資を行う。
基本アセットを時勢に合わせたローテンションで移動させつつ、
週、月単位での上下の値幅も多少狙いパフォーマンスの向上を図り
財産の長期的な成長を目指して運用。
目標年率:3〜8%

ファンドの特色
1.日本を含む世界各国の投資信託に投資します。
2.投資は余裕資金で行い、下落時はベアファンドを駆使したり、
キャッシュポジションを高め、下落率を抑え、心の安らぐ運用を心掛ける^^
(但し、下げに耐えても上げに乗り遅れる可能性ありw)
3.たいのすけ師匠はじめ、厳選した名ブログ、リンク先の情報を注視し参考にします
4.原則ノーロード商品のみ。信託報酬率も気にはしますが(2%未満)、
  ファンドの能力第一で選別
5.運用信条:バフェットの言葉
金持ちになるためには2つのルールを守りなさい。
【ルール1】絶対にお金を損しないこと。(年単位でのマイナスは極力避ける)
【ルール2】絶対にルール1を忘れないこと。

以上、難しいことは承知の上でやっていきます^^

posted by とむ at 22:15| Comment(0) | 運用方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。