2020年10月29日

★今後の相場の見通しと対応

ここ数日は、相場も大きく動き、将棋でも王将リーグが大変なことになっているので(藤井2冠目線・・)書きたい事、結構あるのですが、中々かけておりませんww

とりあえず、これから2週間くらいの相場観と、対応シナリオをまとめておこうかと。※あくまでも私個人のものなのと、時々刻々と考えも結構変わるタイプなのでこういう人もいるんだな程度でみてくださいmm

とりあえず、私の今月の売買ですが、今月半ばの堅調な相場から、月末にかけて崩れるシナリオをめいんとしていたので今日までの所は、拾いたい新興銘柄(MDV,ニューラルP、エーアイなど)や、ソニー、オービックあたりを、先週今週と、いつもの単元未満株でw 拾っていました。


また、単元株では、逆張りにとENEOS,TSIホールディングを少しだけ買いました

ENEOSは、海外の石油銘柄よりはましかなというところで、石油価格上昇での資産価値上昇を見込んでと、配当目的なので、来年、再来年用です。まだ買うの早かったかな。。

TSIは。10月の売上が、消費税増税前の駆け込み比だった9月よりは、改善すると思うのでまあ、織り込み済みにしても、実際数字で出れば、多少は反発するかなというアバウト買いです。
新興銘柄では、エイジア、コーユーレンティアをまた買い直していますエイジアは、しっかりマイナスですが、業績は良さそうなのとコーユーレンティアは、、割高感がなく、今後の回復に乗れるはずなので暫くホールド予定です

あとは、とりあえず今日、良さそうだなと思ってカラダノートをほぼ寄り凸しました
うまく20%ほど上げてくれたので、アメリカ株のマイナスを結構埋めてくれて有り難かったです^^
業種的にも、財務的にも、成長性、時価総額など含め、まだ上昇余地ありそうかなと思っています
ホールドか、スイング化は、様子見ながらやりたいですが、これからの社会でのとても高そうなので、注目企業だと思っています
さて、2週間の見通しですが、いずれにせよ、世界中のコロナ対応、米大統領選などを考えると、運用の選択肢の中に、しっかりと、1段、2段下げには対応できる様にしておいたほうがいいと思っています
イメージだと、2段下げて、日経で21000円、ダウで23000円程度でしょうか。
ただ、これはボトムラインとしての指数で、メインシナリオは、今日が底と思うのが3割あり、大統領選直後が底が3割、11月中旬底が2割というイメージで考えています。
あと2割は、よくわからんということですww
という感じです

なので、私としては、今日までに、これから上げた場合の準備はある程度できたので、あとは、さらに下げた時に追加する銘柄を決めておくのとその資金量の調整ですかね
現在の運用ポジション自体は、多くもなく少なくもなく普通なので、縮小の予定はありません。昨日今日の下げでメンタル厳しくなっている方がいたら、ポジションが大きいか、今年の負けがこんでいるか、のどちらかでしょうから、あまり無理せず、平常心保てる程度にしたほうが、落ち着いて相場に対応ができるので、結果的にいい運用ができるかもしれませんし。

とりあえず、終わりがるものなので、どっちが勝ってもいいので、早く大統領選は終わってほしいですね
あと、コロナも無症状の陽性の人をいちいち拾い上げるの、無意味だと思うので、私としては早くやめてほしいですね。。

症状でた患者への 迅速で徹底的な対応だけで、重症化、死亡リスクは抑えられると思うのですが。。

経済困窮による犯罪の増加(詐欺、窃盗、強盗、暴行など)、メンタルやられての自殺者増加など社会全体への影響を考えて、声大きい人ややたらリスクだけ叫ぶ人に合わせず、実効性のある統計学的に(最大リスク叫ぶだけの8割おじさんではなく)、政権にはしっかりやってもらいたいです。
posted by とむ at 18:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | 日々の運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月14日

【将棋ウォーズ】3区分・初段になってから棋力は向上しているか??

将棋連盟公認のアプリ

≪ 将棋ウォーズ ≫

では、オンライン対局にあわせ、3つの区分で指すことができます

@持ち時間・10分切れ
A持ち時間・3分切れ
B1手・10秒切れ

です

私は、10切れ、3切れについては、ウォーズはじめてそうそうに初段になれましたが、
10秒切れについては何度対局繰り返しても、どうにも初段になれず、ついこの前まで1級のままでしたw

理由としては、・考え込む局面でふと長考モードが発動しての時間切れということがかなりあったと思いますww
10秒は、一瞬でも迷うともう時間切れとなります・・^^;

それもこれも、棋力自体が足りてなかったからだと、今はわかりますが。。


藤井2冠の活躍に触発され、コロナの中、プロの対局をよく見て、ケーススタディしながら
また、YOUTUBEなどで、戦法や対応方法を学んで、10秒指しにも慣れて、
ようやく8月末に10秒切れも初段を取ることができました!

やっと胸を張って

 棋力は≪初段≫です!

 をいうことができるかなと思っております

※連盟公認アプリなので、申請さえすれば、免状ももらえますが4万とかするので躊躇しておりますww
段位上がったら考えたいですが、金額も上がるんですよね。。。


さて、その後、棋力をUPさせ。3段を目指す!

といったのですが、最近の棋力はどうなのか?というところで、ウォーズの10月の戦績を見てみました。


10月、直近30戦の結果は以下でした基本、棋力UP目的なので、10分切れで指しています
(時間ない時に合間に3分切れもたまに)


◆10分切れ (相手:やや強め設定)


対3段以上・・0勝1敗

対2段・・6勝5敗

対初段・・7勝5敗

対1級・・1勝3敗

対3級以下・・0勝2敗

トータル 14勝16敗

となりました


3分切れも初段は3勝3敗でした

この結果をみると、格上の2段、と同レベルの初段に勝ち越ししているので中々いい感じです
実際の感覚でも、初段相手でも、コロナ前は勝率3割程度だった感じなので強くはなっていると思います!

具体的には、・ミスが減った・無理突込みが減った・詰め方が多少上達した

といったところだと感じています

プロの対局を多く見て、打ち方理解をすることで、対処方法の引き出しも増え、
また、詰め方や、局面を少しずつ優勢にもっていくといった細かいところを、
無理なくやるようになったのが一因だと思っています。

僕の得意戦法は大人になってからは、英春流ではありませんが、そんな感じの結構奇抜なものなので
(特徴あるうち方なので、ばれそうなのでいいませんがw)嵌め勝ちが結構あるので
(20手で有段者に勝つこともままありますw)、ついそれに酔って、きちんとした将棋が打てていないことも、以前は結構ありました。

ただ、ここ最近はうまく返されることも増えてきたのでどこぞの界隈でもしかしたら、
簡単に対応できることがばれてしまってきているかもしれません。。

なので、無理せず、序盤でしっかり対応されそうになったら、オーソドックスに切り替えてしっかりやるようになり、
勝率も安定してきた感もあります

小学生の時は、元々谷川9段のファンだったので、居飛車矢倉でずっと指していましたし、
今は振り飛車の一種のような打ち方なので、基本戦術にこだわりはなく、局面にあわせ、
オールマイティには打てる気はしています。(得意戦法が無いとも言いますが・・ww)


今後、3段を目指すに当たっては、もう少し本格派の打ち方をしてもいいかなとは思っていますが、つい、嵌め手の爽快感に負けて、打ち続けているので、どうしようかなというところです。。

とりあえず。振り飛車、居飛車、半々で指してみて得意になりそうなパターンを3つくらい作ってみようかと思っています!


にしましても、竜王戦 第1局の57手終了には驚きましたww手数は短いながらも、お互いの読みあいが炸裂した名勝負でしたね!

posted by とむ at 12:50 | 東京 ☁ | Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

◆東証インフラファンド って知ってますか?

みなさんREITはご存知ですよね?

はい、不動産上場投資信託ですね

それら対象銘柄の65?くらいで構成されているのがJ−REIT指数です


個別で言うと、コロナで大ダメージ受けた、インヴィンシブル(保有中・・)、
星野リゾートなどのホテル系やラサールロジポート、SOSILA物流リート(これは3月に買えて満足^^)などの物流系、
そのた商業施設、住宅、総合など種類は豊富です。

実は、ひっそりと?? 今年の4月に、

【 東証インフラファンド指数 】

なるものができております!


あまり、知られてませんよね。。知っていたら、運用のセミプロ以上、中々の通(マニア)、あるいは暇人です(私)ww


この指数は、現在7銘柄から構成されています。
投資対象は、それぞれ、ほぼほぼ太陽光発電になります

※再生エネルギーというくくりがほとんどなので、今後風力だの他のエネルギーも含むかもしれませんが、収益化できるか次第です


今回のコロナでは、REITはホテル系を中心に30〜50%と大暴落したのは御存じの通りですが、これらインフラファンドは、総じて下落幅は10〜20%程度でした太陽光発電なので、コロナとは無縁でしたので、影響は少なかったです


現在、指数に投資できるETFなどは無いと思うので、全体に投資するには7銘柄全部を買うか、以下の現在の唯一?インフラファンドの投資信託を買うしかありません



インフラファンドとはなんぞや?というかたは、上記に詳しく売り文句が書いてあるので読んでみると大凡わかると思います。
わたしもこれに毛が生えた程度しか知識はありませんがww

今後FIT制度のあとはどうなんだ?というかたも読んでみてください。
対応した、セールストークも書いてありますw

で、今回言いたいことは、

株、債券、REITと比べ、投資対象としてどうなんだ?
というところなのですが私としては、いまから投資するなら

株>>インフラファンド>債券>REIT 

というイメージ持っています。

株以外、右3つの配当狙いのアセットなら、インフラファンドもっておこうかなと。

上記リンクにある通り、インフラファンドの利回りは、現在6%程度と中々です。

また、REITよりもボラティリティが低く、一番の押しポイントは
今後のグリーンエネルギー政策、ESG投資の対象となりうるというところです

アメリカでは、すでにバイデンが当選したあとということで、再生エネルギー銘柄が堅調です

また、今日の昼過ぎには、日本でも梶山経産相が、再生エネルギーの割合を上げることに言及していました


日経電子版

ということで、今後の資金流入も見込めるのではないかと、思っております。

ということで、私は、ひとまず7銘柄の内、

◆ジャパン・インフラファンド投資法人

を9日に、99.700円で買ってみました!

選別理由は1つ

新規公開間もなく、直近の施設増加の可能性が高いスポンサーが丸紅+みずほ銀行なので、そこからの案件が見込めるのと負債比率が他の6銘柄よりも低く、増設の余力が相対的に高い

というところです。

もうひとつ、迷った銘柄は カナディアンソーラーです理由は大してないので割愛w

あいにく、指数ではまだ買えないので、個別で買いますが、リスクとしてインヴィンシブルのような破綻寸前?の雰囲気になったり、逆にソシラ物流のように時流にのって大幅上昇みたいなことがあり、ボラが上がるので、今後買い増す場合は、カナディアンと、もうひとつくらいと3つに分けていこうと思います

指数連動のETFがでれば、利回り6%近ければ、それはそれで買いたいですね!

とりあえず、これでまた <とむリタイア生活補助用・配当マシーン>を増設できたので、毎年の配当増額をコツコツしっかりやっていこうと思います

※私の現在の投資方針は

新興銘柄でキャピタルゲインを得ながら、
それを原資の一部にして、高配当(減配リスク少な目の)株を
買い増しながらのインカム額の増加

です

今日の価格は、101700円と、9月末からの上昇が強いので、買値から 現在 +2%ですこのまま、含み益を抱えつつ、配当を享受していきたいと思ってますが。。ロイヤルダッチみたいに、マイナス46%(今日現在w)とか、含み損はやめてね・・・w




posted by とむ at 18:03 | 東京 ☁ | Comment(0) | 日々の運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月08日

最近は、米国株グロースの売買もしてます!

前回の記事の通り、コロナ前に買い付けしていた、高配当中心の米国株は未だに
冴えないパフォーマンスを続けておりますww

ということで、基本頭の中はファンダメンタルズ重視なのですが、
少し切り替えて、最近はグロース株をちょこちょこ売買しております

コロナ前後から8月までは、
SOXL,TECL、BABA,FB,アルベマールを売買していました

9月からは、より勢いのある新興テック銘柄の
データドッグ、中国展開のニュース直後からビヨンドミートの2つを買って
一か月ほどで、+30%ほどになったので、昨日今日で売却しておりますw
でもまだ、上げそうな感じですよね。。。

で、別途、今は
セールスフォース
ドキュサイン
ペイパル
を少しずつ買っているところです。

データドックもそうですが、PEB,PBRは参考にならず、
時価総額も数兆円、PSRで7みても結構割高感はありますが
株価は、強いままですよね。

これから、どのようにマーケットが動くかわからないので、
手持ちの高配当に合わせて、一定の割合をグロースで持っておこうと
思っています。

ただ、データドック、ビヨンドミートを大したロットでもないのに、
+30%程度で手放してしまうほど握力がありません。。
やはり、PER,PBR基本で株価を判断している影響だと思います。

なので、どうにもこうにも、グロースの売買は投機的な感じが抜けませんが、
今後の業績を織り込んでいっての株価でもあるので、そのあたりも
自分なりの尺度をしっかりして、無理なく売買していこうと思っています。

スノーフレーク、バカ高いですよね・・??


Asset management shines your life!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by とむ at 22:06 | 東京 ☔ | Comment(0) | 米国株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月02日

米国・高配当株は、終わったのか?? 1年チョイの実績検証

新型コロナ後、高配当系の株が軒並み株価が下落しています

業績悪化による利益の下振れや、減配、今後の不透明さなどが原因ですね。


では、実際のパフォーマンスはどうだったのか?


私は2019年から高配当株を、主にNISA(去年開始)で買付しています


まずアメリカ株ですが・ARCC・MAIN・YYY・T・VIG・VYM・ZMLP・BTIの8銘柄。これらは、買い付け始めてから1年半ほどです

さて、それぞれの株価損益額と、配当額の合計は、どうなっているのか検証しました注:今年になって少し追加もしているので、純然たる数値ではありませんので参考程度にしてくださいね


◆価格10/1、配当2019.1〜2020.9 (およそ1年半)

 米国株 NISAトータル損益 -5%

となりましたw


1年半の運用で 株価は、-14.3%配当は、+ 9.3%で、トータル-5% と、しっかりマイナスです!

ただ、上記計8銘柄の 10/1時点の配当率は平均しておよそ 買値ベースで、6.2% となっているので株価が横横&配当横ばいなら、あと9か月くらいで損益分岐点上抜けして、以後プラスとなっていきます


現状のアメリカの金融緩和政策からすれば、大きな減配は免れるかなと思っていまして、大減配可能性があるのは、ZMLPくらいでしょうかね。。。


◆私なりの結論

減配の心配があまりない銘柄については、マーケットの上下があっても当初から高配当株は3〜5年もすれば、配当込で、とりあえずはプラスになってくれたらのイメージなので、一定の割合は持っておこうと思っています。


これらは、私の運用全体のポートフォリオの割合は、10%台なので配当目的の銘柄として、破たんリスクない限りNISAでもあるのでホールド継続して、配当を永続的に貰って行こうと思っています


しかし、こう世の中が変化すると、これまで以上に高配当銘柄は、今後減配があるかないかをしっかり精査して買付していかないといけませんね。


ちなみに、今年になってコロナの最中に先走って買った石油系wの高配当もありますし(買付から半年経過)、別途、昨年買った日本株(SB,JT,オリックス、三菱UFJ、REITなど)もありますwwそちらも、同様に次回検証しておこうと思います

続きを読む
posted by とむ at 14:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | 米国株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク